ホーム>SME格付け

SME格付け

日本SME(Small & Medium Sized Enterprise)格付け

日本SME格付け

 

SME(Small & Medium Sized Enterprise)格付けは、グローバルに格付け業務を展開するS&Pグローバル・レーティングと中堅・中小企業データベースを運用する日本リスク・データ・バンクが共同開発した、中堅・中小企業を対象とする信用格付けです。RDBが保有する膨大な量のデータと、S&Pグローバル・レーティングが長年にわたって培ってきた技術を融合させ開発されました。

 

※日本SME格付けは、信用格付業以外の業務であり、信用格付行為に関連する業務としての「関連業務」にあたります。

 

概要

従来の格付けと異なった新しい格付け体系

SME格付けは、売上高が5億円から100億円の日本の中小・中堅企業群のなかでの相対的な信用力を表すものです。通常の格付けはグローバルに比較可能な格付けスケール(大文字の「AAA」から「D」)となっていますが、これを中堅・中小企業にそのまま適用すると、概して格付けが低めの水準に集中して企業間の信用格差が現れにくくなってしまいます。そこで通常の格付けと峻別するために「aaa」から「ccc」の7段階からなる新しい格付け体系を利用することにしています。

財務モデルを活用した格付け

SME格付けは、財務モデルを利用した格付けであり、従来からの格付けとは異なって、アナリストが格付けのプロセスに関与しません。SME格付けに利用される財務モデルは、RDBが銀行などから収集した中堅・中小企業に関する膨大なデータをベースに、S&Pグローバル・レーティングの格付けのノウハウを融合させて開発されたものです。

アナリストによる恒常的なモニタリングも行なわないので、期中、信用力の変化に伴って、格付けが変更されるいうことはありません。*

*ただし、デフォルト事象が明らかになったことに伴い、格付けが取り下げられることはあります。

【取得のメリット】

信用力の透明性の向上

SME格付けを取得することによって、企業経営にとって必要な資源「ヒト」、「モノ」、「カネ」をさまざまな面でメリットを享受することができます。

SME

信用力の現状把握

SME格付けを取得されたお客様には、格付け記号に加えて、自社の信用力の現状を解説したリポートが提供されます。リポートにはSME格付け取得企業の分布、格付けを決定する際にキーとなる財務諸指標、上位・下位の格付け取得者との比較情報も含まれているので、経営者や財務担当者は相対的な自社の信用力の現状を把握することができます。

 

SME格付け定義

S&Pグローバル・レーティング(以下、S&P)の日本SME格付けは、日本の中堅・中小企業に付与するナショナル・スケールの信用格付けであり、中堅・中小企業、およびその信用力に関心のある貸出機関、取引先などに向けて提供するものである。中堅・中小企業が金融債務を期日通りに履行する総合的な能力(信用力)に関するS&Pの意見を、日本の中堅・中小企業間の比較において示す。日本SME格付けは、モデルに基づいた信用力指標である。S&Pの他の格付けの規準とは大きく異なり、個々の企業に対するアナリストの主観的な評価や判断は勘案されない。日本SME格付けはS&Pが従来使用している格付け記号を用いるが、モデルに基づいていることを強調するため、「bbb」のように小文字で表記する。

日本SME格付けは、S&Pのグローバル・スケール格付けや日本以外の国におけるナショナル・スケール格付けと、直接比較できるものではない。日本の中堅以下の企業に対して付与するものであり、各格付けカテゴリーの企業の規模はほとんどの場合、S&Pの通常の信用格付けが付与されている企業に比べて小さい。日本SME格付けはアナリストによって決定されるものではない。また、通常の格付け規準を適用した場合、日本SME格付けと同じ符号の格付けが付与される可能性は低い。

日本SME格付けは、ある特定の債務の種類や条件、倒産や清算の際の順位づけ、法律上の優先的な地位、その債務の合法性や強制力を勘案しておらず、特定の債務に対するものではない。さらに、保証や保険、その他の信用補完策を提供しているものの信用力についても勘案していない。

日本SME格付けは証券の購入、売却、または保有を奨めるものではなく、また、時価や特定の投資家に対するその証券の適合性について言及するものでもない。日本SME格付けは、格付け先から提供された、またはS&Pが信頼に足ると判断した他の情報源から入手した直近の情報に基づいている。S&Pは、いかなる格付けの決定に際しても、会計監査を行うことはなく、また、場合によっては監査を受けていない財務情報を利用することもある。日本SME格付けは、継続的なサーベイランスの対象ではなく、新しい財務情報がS&Pに提供された時にのみ更新される。情報の内容が変化したり、その入手ができなくなった場合、あるいはその他の状況により、日本SME格付けは変更、保留、あるいは取り下げになることがある。

 

PAGE TOP